ワキガの仕組みってどんなもの?

嫌なニオイが気になるワキガは、うつったりうつされたりするかが気になります。

仕組みを知ることでワキガがうつることはないとわかります。
ワキガはうつることはありません。主な原因は遺伝です。片方の親がワキガの場合、子供に遺伝する確率は50%で、両親がワキガの場合は子供に遺伝するのは80%と高い確率で遺伝するのです。遺伝するのは独特のニオイではなく、アポクリン腺という汗腺の量です。

アポクリン腺の量は生まれつき決まっています。運動をすると体温調節のために汗をかきますが、この汗はエクリン腺から分泌される汗です。エクリン腺からの汗は無臭で水のようです。アポクリン腺からの汗はエクリン腺からの汗とは異なり、脂質やタンパク質を含んでおり、これらの物質を皮膚に存在する常在菌が分解する時に発生するニオイがワキガなのです。

アポクリン腺は脇の下以外にも乳輪、陰部など毛の生えている部分にあり、毛穴から汗がにじみでます。

ここからの汗は脂質、タンパク質、糖分、鉄分、アンモニアなどの成分が含まれていて、黄色や赤みを帯びて粘り気もあります。実はアポクリン腺からの汗も汗腺から出た直後は無臭ですが、皮膚の表面の常在菌や雑菌によって酸化や分解されて独特のわきが臭となります。脇毛の中にこもったニオイ成分はエクリン腺からの汗によって蒸れてより強いニオイとなって拡散されるのです。

汗をかいて汗臭くなった場合もわきがと勘違いしているケースもあります。わきがであるかどうかは専門の医師によって診断してもらうことが確実で、自分で判定するには、耳垢が湿っている、洗濯しても衣類や下着の脇の部分が黄色くなる、脇毛が多い、両親や兄弟の中にわきが体質がいる、脇の下に常に汗をかきやすく汗に粘り気があるなどにあてはまる場合は、わきがである可能性があります。

わきが体質だからといっても、生活習慣や食生活によってニオイが強くなったり弱くなることもあり得ます。脂肪分の多い食事、ストレス、肥満、脇毛の手入れなどがわきがのニオイに影響を与えることがあります。

チーズやバターなど動物性タンパク質、脂っこい食べ物、肉などの摂り過ぎはアポクリン汗腺を刺激し、ニオイを強める原因となります。ストレスはニオイを強くする要因で、わきがや汗のニオイを気にすることでストレスとなり余計に汗を促すこともあります。

肥満は痩せている人よりも熱を放出しにくく体温が下がりにくく、体温を下げようと汗を多量にかき強いニオイを放つことに繋がります。脇毛が生えていると脇の汗が蒸発しにくくなり、蒸れてしまいます。脇の下が湿った状態は雑菌が繁殖しやすくなりわきがのニオイが強くなる要因のひとつです。

わきがの独特のニオイを完全に抑えるためにはクリニックで手術や治療をする必要がありますが、手術は躊躇しがちです。わきがの独特のニオイをセルフケアで抑えるためには制汗剤よりもわきが専用に開発されたクリームなどを使うことで汗を抑えニオイも抑えることが期待できます。