ワキガの原因とそのメカニズム

ひどい時にはツンと鼻につくアンモニアのようなキツイ臭いがしてしまうワキガは、汗腺の働きや日々の生活習慣の乱れが原因となっています。

汗腺から出た汗が細菌へと分解されることにより鼻につく臭いが発生してしまい、お肉や甘い物を多く食べる生活をすることでその臭いはより強くなってしまうのです。

汗を発生する元である汗腺はアポクリン腺とエクリン腺がありますが、このうちのアポクリン腺が臭いの発生源となります。アポクリン腺から出た汗が細菌へと分解され常在菌へと変化する中で、ワキガの臭いがするようになってしまいます。

この汗腺は耳の部分や胸の部分にありますが、脇の下に多く集中してあります。ワキガの人はアポクリン腺の数が多めであるため、汗をかくと臭いが目立ってしまいます。

ワキガの臭いを更に強くしてしまうのが、脂質・動物性タンパク質・糖質の多い食事です。お肉、乳製品、甘い物が中心の食事を摂っていると、汗腺が刺激されてしまい臭いがひどくなってしまいます。

症状が進んでしまうと手術も考えなくてはならないワキガは、早めに対策することをおすすめします。ツンと鼻につく汗臭さのある臭いを和らげるには、栄養バランスのとれた食事を摂ることと体を清潔に保つようにしましょう。

脂質・動物性タンパク質・糖質の多い食事は、ワキガの臭いを強くする他に高血圧や糖尿病などの原因にもなります。お肉や油っこい味付けの食べ物、甘い物や炭水化物の摂りすぎに注意し、野菜と果物と豆類の数を増やして栄養バランスのとれた食事を心がけるようにします。

野菜・果物・豆類は汗腺の臭いを抑制する効果があるので、積極的に摂ると良いでしょう。ワキガは汗腺や毛穴に皮脂がたまると臭いがひどくなるので、毎日お風呂に入って体を洗うようにします。体を清潔に保つことによって、ワキガの臭いの進行も抑えることが可能です。

ワキガ対策には汗をかいたら、その都度拭いて汗がたまらないようにするのも効果的です。脇の下などは汗がたまりやすく、雑菌が増殖しやすくなり拭かないと強い臭いがします。

汗は小まめに何度も拭くようにしましょう。汗をかきにくくし消臭できる方法として、汗ふきシートと制汗剤の使用するようにします。汗ふきシートは消臭効果と除菌効果があり、拭くとさっぱり感が長く続きます。

制汗剤は汗腺から働きかけて汗をかかないようにするので、暑い日中でも汗をかかずに快適に過ごすことができます。