ワキガの臭いを消すには?

ワキガ臭は汗臭さとは異なり、腐敗臭、発酵臭、雑巾臭ともいわれるほどの強烈な臭いです。原因は脇や陰部、首などに分布するアポクリン腺から出る汗です。この汗に皮脂や垢、雑菌が混ざり、雑菌がそれらを分解するときに強烈な臭いを発します。日本人は体臭の少ない人種なので、ワキガ臭が嫌われる傾向にあります。

ワキガ臭を消す方法としては、原因となる汗を抑制し、雑菌の増殖を抑えることとなります。デオドラント剤の利用がおすすめですが、一般的な制汗スプレーのようなものは効果が薄く、香料などが混ざって逆に変な臭いを大きくしてしまうことがあります。

ワキガ専用のデオドラントクリームなどを使用すると、高い制汗効果、高い殺菌効果を得ることができます。殺菌効果の高いAg+の製品もおすすめです。

また日常生活において、ワキガ臭を軽減する方法としては、こまめに汗を拭き取って清潔な肌を保つことです。汗をこまめにふき取ることで雑菌の繁殖を回避できるからです。また入浴するときは湯船に浸かり、毛穴の汚れを落とすようにしましょう。洗うときはごしごし洗いすぎると、過剰な皮脂分泌につながるので、優しく泡で洗うようにしましょう。

また、わき毛を脱毛施術したり、剃毛することもおすすめです。毛があることによって毛に臭いの元が絡みやすく、さらに臭いを広げてしまいます。男性の場合抵抗があるかもしれませんが、毛がないほうが臭いを軽減できます。

そして、意外なところでは食生活の見直しです。肉中心の食事や乳製品を多く摂ると、脂質の多い汗になります。臭いがきつくなるのです。近年日本人の体臭もきつくなってきているといわれ、その原因は欧米型の脂肪の多い食事だという医師もいます。

病院で行えるワキガの治療としては、外用薬、内服薬、ボトックス注射、手術、といったものがあります。外用薬は塩化アルミニウムを含んだ薬で、汗を軽減し臭いを減らす方法です。

内服薬も同じく汗を一時的に減らすことができる方法です。ボトックス注射は、汗を出す筋肉にボトックスを注射することで汗を抑制できます。手術の方法はいくつか種類があり、皮膚を切開したり穴を開けてアポクリン腺を除去する方法や、超音波、高周波、レーザーなどを照射することで、汗が出る汗腺を破壊する方法があります。

切開する手術は、効果は高いですが傷跡が残るなどのリスクがあります。切らずに行う手術は、傷跡が残る心配はありませんが、完全に汗腺を破壊できるとはいいきれず、再発の可能性もあるというリスクがあります。