気になるワキガ手術と効果は?

ワキガの原因は、アポクリン腺から出る汗です。この汗が皮脂や垢と混ざり、それを常在菌がエサとして増殖するときに強烈な臭いを発します。ワキガの根本的な治療は、汗を出す汗腺であるアポクリン腺とエクリン腺を除去する手術といわれています。

手術の方法はいろいろあります。切開する手術もあれば、切らない治療法も存在します。

最も多くの医療機関で行われ、高い効果が得られるとされているのが、直視下手術法の剪除法です。ワキを3~5センチ切開し、皮膚を裏返して汗腺を一つ一つ医師が目視で除去していくという方法です。原因となるアポクリン腺を確実に除去できるというところがメリットですが、手術法の中で一番傷跡の長さが長くなるところがデメリットです。

傷跡があまり目立たない治療法であれば、非直視下手術法となります。いくつか種類があります。皮下組織吸引法は、ワキに1センチほどの穴を開け、細い管によって汗腺をかき出しながら吸引する方法です。傷跡は目立ちませんが、目視していない分、取り残しがあったり、再発の可能性があります。また、超音波吸引(治療)法は、皮下組織吸引法が改良されたもので、細い管でかき取るかわりに超音波を発生させ、その熱によって汗腺を破壊して吸引する方法です。皮下組織吸引法よりも効果的といわれていますが、完全に汗腺を取り除くのは難しいとされています。もうひとつ、皮下組織削除法という方法があります。カミソリの刃と皮膚を押さえるローラーを組み合わせた器具を使用します。ワキの下を1センチほど切開し、皮膚の表面をローラーで転がしながらカミソリ部分で皮下組織ごと汗腺を除去する方法です。傷口は小さく、効果も高いといわれていますが、術後はワキを1週間程度固定する必要があります。

切らない治療法もいくつか種類があります。基本的にワキの外側からアプローチし、汗腺を破壊するという方法です。施術中の痛みが少なく、施術時間も短め、すぐに日常生活に戻れるという点がメリットです。

最新の治療方法といわれているのがビューホットです。高周波の極細針を装着したカートリッジを皮膚の上から当てると、針が深さを変えながらワキの下全体に熱を浸透させ汗腺を破壊していきます。局所麻酔で施術時間が両ワキでたった20分程度で済みます。すそわきがにも効果があります。

ビューホットと同じような仕組みのものがミラドライです。ミラドライはマイクロ波を照射することで、水分の多い汗腺だけに反応し、汗腺を破壊するという方法のものです。ワキ部分にしか使用できませんが、局所麻酔で両ワキ30分程度の施術時間です。

レーザー治療は、レーザーを照射する針を毛穴から差し込んで、汗腺や毛根を破壊する方法と、ごくわずかに肌を切開してレーザーで汗腺を破壊、吸引する方法があります。治療時間は短いですが、完全に汗腺を破壊することは難しいといわれています。

また、体にリスクの少ない方法として人気があるのがボトックス注射です。汗を出す筋肉にボトックスを注入することで、汗を出す働きを抑制し臭いを軽減します。汗腺を破壊する方法ではないので、治療後の持続効果は半年程度です。